薬用草木データベース

写真をクリックすると拡大表示されます。

ハトムギ

ハトムギ
Coix lacryma-jobi Linn. var. ma-yuen

名前 ハトムギ
学名/科名 Coix lacryma-jobi Linn. var. ma-yuen
生薬名 ヨクイニン(薏苡仁)
薬用部位 種子
薬効 利尿・消炎・鎮痛・排膿・滋養強壮・抗腫瘍
産地 中国南部からインドシナ半島、日本

 一年草、植物分類ではトウモロコシに近い。
皮を剥いた種子を漢方では薏苡仁(よくいにん)と呼び、いぼ取りの効果、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされる。ハトムギエキスは皮膚に塗布すると、保湿作用、美白作用があることが知られており、基礎化粧品に配合されることも多い。
主薬効成分はコイクセラノイド(腫瘍抑制作用)。
651_data01-thumb-240x240-439.jpg
秋のハトムギの実